2017年10月31日

「災害写真展」

九州北部豪雨発生から、約3カ月が過ぎた10月初旬
太宰府市いきいき情報センターギャラリーにて
「災害写真展」が開催されました。

01.JPG

写真の提供・準備等は、うめさろんの「みんなで学ぶ防災講座」でも
お世話になっている「防宰ボランティアネットワーク」さん。

02.JPG



「東日本大震災」
2011年(平成23年)3月11日に発生した大規模な地震災害。

03.JPG

発生時点において、日本周辺における観測史上最大の地震でした。
地震によって巨大な津波が発生し、東北地方を中心に壊滅的な被害を受けました。

04.JPG



「熊本地震」
2016年(平成28年)4月14日に熊本県と大分県で相次いで発生した地震。

05.JPG

九州では初めての震度7を観測した地震。
4月14日(前震)と16日(本震)の震度7に続き、震度6強が2回、
6弱が3回と、地震発生後にさらに大きな地震が続き、被害が増大しました。

06.JPG



「九州北部豪雨災害」
2017年7月5日から6日にかけて福岡県と大分県を中心に発生した集中豪雨。

07.JPG

各地で川が氾濫し、土砂崩れや大量の流木が流れ込む水害
家屋に大きな被害をもたらしました。

08.JPG

被害が大きかった朝倉市・東峰村などは太宰府から近いこともあり、
災害の恐怖を身近に感じられた方も多かったのではないでしょうか。

09.JPG

写真展をご覧になった方の中には、在りし日の町の姿を思い出し、
涙を浮かべていらっしゃる方もおられました。


津波大地震水害・・・

災害は、いつどこで起きるかわかりませんが、
私たちの町・地域は、どんな災害が起きる可能性が高いのか・・?

あらためて考え、備えておくことが必要ですね。



posted by ボラセン at 17:16| 日記