2018年08月30日

義援金と支援金

今年の夏も大きな災害が起きました。
今回の平成30年7月豪雨(西日本豪雨)により、お亡くなりになられた方の
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。



さて、みなさんは寄付をする時に、どこに寄付をしていますかexclamation&question
あなたが寄付した大切なお金がどのように使われているのか、
寄付先を考えて募金箱に入れていますかexclamation&question


先日、うめさろんに来られたある団体の方と、寄付先についてお話をしましたひらめき
「皆さん、いつも何気なく募金箱にお金を入れていると思うんですけど、
その寄付先や使われ方を意識して寄付している人は少ないように思うんです・・」


ここで少し整理してみましょう右斜め上

義援金』と『支援金
最近、よく耳にする言葉ですねわーい(嬉しい顔)



義援金とは・・・
被災者に直接渡されるお金です満月

受付窓口は、日本赤十字社や赤い羽根の共同募金会が担うことが多いですねひらめき
全額が、生活再建資金として平等に被災者の方へ届きますexclamation

ただ、被害調査などがあり、被災状況が確定してからになるので、
災害の発生後、しばらく時間がたってから届けられるということになります。


支援金とは・・・
被災地で活動を行う団体や機関へ、届けられるお金です満月

受付窓口は、中間支援組織である日本財団や、さまざまな機関で募集をしています。
被災地で活動をしている組織や、NPOやボランティアなどを通じて、
被災地の支援に役立ててもらうお金ということになります。

例えば、ボランティアセンターの運営に活用されたり、避難所設置に必要な備品(トイレなど)の設置、また、被災地で活動する団体の物資に使われる場合などもあります。
支援金は、災害の募金全体の1割くらいと言われていますが、必要なところへとお金が届けられるスピードが早いところが利点ですグッド(上向き矢印)



このように、わたしたちが何気なく募金箱に入れているお金は、その使われる目的によって、分けられているのですexclamation×2

どちらに使われることになっても、必要であり大切な支援であることにかわりはありませんが、次に募金箱を見かけたときには、お金を入れる前に、いま一度考えてみませんか?目

だれを、どこを、支援する目的のお金なのか?
どんな使われ方をするお金なのか?



熊本地震の際に皆さまからお預かりした募金を例に紹介しますと、
中間支援組織のひとつであるうめさろんで募った募金は、活動支援金として届けさせていただきましたかわいい

IMG_1146.JPG
ご協力して下さった皆さま、ありがとうございますexclamation



災害寄付をするとき、だれを支援するのかによって寄付先は変わってくるということなんですねexclamation×2


皆さんの気持ちが込められた大切なお金、有効に活用されますようにぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

posted by ボラセン at 16:24| 日記