2021年03月19日

太宰府市内の小字を知っているかな?

ぽかぽかと暖かくなり、
さくらも例年より早く開花しましたねかわいい

春の陽気に誘われて
犬の散歩がてら旧小字標石を探してみましたexclamation×2

旧小字標石とは・・住居表示により古い地名が失われるため、
平成5年(1993)11月に太宰府市が旧小字名を石標に刻して建立したもの


IMG_5480.JPG


太宰府市内には数多くの文化財があり、
長い歴史を物語る地名が残されています目
その地名が旧小字標石に刻まれています位置情報

今回は、通古賀観世音寺地区の一部を歩いてみました足足足

まずは、通古賀地区次項有

IMG_5482.JPG

「つるはた・つるのはた」と呼称され、
伝説「鶴の屋敷」にまつわる地名です手(チョキ)

IMG_5481.JPG


「おうぎやしき」と呼称され王城神社にありますひらめき
「国衙の跡」または「長者屋敷の跡」があったところといわれています。


IMG_5487.JPG

「とうれんじ」と呼称され、
天台宗の開祖最澄の筑紫七薬師を収めた一つとされています手(パー)
東林寺ともいわれています。
(参考文献:とおのこが風土記)


次は観世音寺地区次項有

IMG_5484.JPG

「つきやま」と呼称され、「辰山(ときやま)」ともいいます。
古代に、漏刻台(水時計)があったところだといわれています時計


IMG_5485.JPG

「がっきゅう」「がくぎょう」とも呼称され、
古代に学校院があったところだといわれていますグッド(上向き矢印)


IMG_5483.JPG

観世音寺地区の旧小字標石については、
観世音寺公民館前の看板に案内がありますよぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)



太宰府市内には、
数えきれないほどの小字が存在しますexclamation×2
小字一つからでも、
古代大宰府に思いを馳せることができましたexclamation

また次回は別の地区を巡ってみようかと思いますわーい(嬉しい顔)
詳しくは、太宰府市 文化財情報
 観世音寺地区 ・ 通古賀地区
を、ご覧くださいるんるん
          


posted by ボラセン at 16:03| 日記