2019年04月01日

太宰府ゆかりの新元号『令和』

本日は4月1日。
新元号が発表される日でしたひらめき

発表の瞬間を、うめさろんスタッフは、
利用団体NPO法人歩かんね太宰府のさんと共に迎えましたexclamation

令和NHK.jpg


スタッフと歩かんね太宰府のさんの予想していたイニシャルは「」でした。
「予想が外れたね」「令和ならイニシャルは「」だね」
などと話をしているところに、また別の歩かんねのさんが入って来られて、
令和は万葉集から引用したそうなんですが、太宰府にゆかりがあるらしいですよ」
との情報を頂きましたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


なんですとexclamation
新元号に太宰府が関係しているなんてexclamation×2

さっそく調査いたしました右斜め上


新元号令和の出典は、
現存する日本最古の歌集「万葉集」にある大伴旅人が書いた漢文

「初春(しょしゅん)の令月(れいげつ)にして、
気淑(きよ)く風和(かぜやわら)ぎ、
梅は鏡前(きょうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、
(らん)は珮後(はいご)の香(こう)を薫(かお)らす」


から引用したとのこと。


梅といえば太宰府 太宰府といえば梅かわいい
これは間違いないでしょうぴかぴか(新しい)


出典部分は、
天平2(730)年正月に、当時大宰府にいた大伴旅人の邸宅で開いた
梅花の宴の席で詠んだ32首の和歌の序文とのこと。

梅花の宴.jpg
大宰府展示館 模型「梅花の宴」(山村 延Y作)

↑↑↑こんな雰囲気で催されたのでしょうかexclamation&question (^^)


午後になって、来所したチーム政庁のさんからも、
いま、この話題で太宰府が沸いていますよーとお話を聞きましたるんるん


本当に、太宰府ゆかりの万葉集の一節だったんですね。
なんだかとても嬉しく、そしてやはり太宰府は素晴らしいぴかぴか(新しい)と思ったのでした。



そして、忘れてはならないのが、太宰府市民遺産ひらめき
大宰府万葉会が育成団体となって、「万葉集つくし歌壇」として
太宰府市民遺産第5号に認定されていますグッド(上向き矢印)


市民遺産リーフレット.jpg

太宰府市民遺産リーフレットにも、梅花の宴が記載されていましたexclamation
(右下のあたり)



まさか、新元号令和の話題が、
こんなにも太宰府に関係しているとは思いもしませんでしたわーい(嬉しい顔)

さらに、このような記事も見つけましたひらめき


朝日新聞.jpg

うめさろんにもたまに来られる、大宰府万葉会代表の松尾セイ子さんの
喜ぶ顔が思い浮かびますかわいい




安倍首相が、
「悠久の歴史と四季折々の美しい自然。
こうした日本の国柄をしっかりと次の時代に引き継いでいく」

と語ったそうですが、
そのまま太宰府にも置き換えられるなあと思いながら、
新元号「令和」をかみしめました。




posted by ボラセン at 17:24| 日記