2018年08月30日

義援金と支援金

今年の夏も大きな災害が起きました。
今回の平成30年7月豪雨(西日本豪雨)により、お亡くなりになられた方の
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。



さて、みなさんは寄付をする時に、どこに寄付をしていますかexclamation&question
あなたが寄付した大切なお金がどのように使われているのか、
寄付先を考えて募金箱に入れていますかexclamation&question


先日、うめさろんに来られたある団体の方と、寄付先についてお話をしましたひらめき
「皆さん、いつも何気なく募金箱にお金を入れていると思うんですけど、
その寄付先や使われ方を意識して寄付している人は少ないように思うんです・・」


ここで少し整理してみましょう右斜め上

義援金』と『支援金
最近、よく耳にする言葉ですねわーい(嬉しい顔)



義援金とは・・・
被災者に直接渡されるお金です満月

受付窓口は、日本赤十字社や赤い羽根の共同募金会が担うことが多いですねひらめき
全額が、生活再建資金として平等に被災者の方へ届きますexclamation

ただ、被害調査などがあり、被災状況が確定してからになるので、
災害の発生後、しばらく時間がたってから届けられるということになります。


支援金とは・・・
被災地で活動を行う団体や機関へ、届けられるお金です満月

受付窓口は、中間支援組織である日本財団や、さまざまな機関で募集をしています。
被災地で活動をしている組織や、NPOやボランティアなどを通じて、
被災地の支援に役立ててもらうお金ということになります。

例えば、ボランティアセンターの運営に活用されたり、避難所設置に必要な備品(トイレなど)の設置、また、被災地で活動する団体の物資に使われる場合などもあります。
支援金は、災害の募金全体の1割くらいと言われていますが、必要なところへとお金が届けられるスピードが早いところが利点ですグッド(上向き矢印)



このように、わたしたちが何気なく募金箱に入れているお金は、その使われる目的によって、分けられているのですexclamation×2

どちらに使われることになっても、必要であり大切な支援であることにかわりはありませんが、次に募金箱を見かけたときには、お金を入れる前に、いま一度考えてみませんか?目

だれを、どこを、支援する目的のお金なのか?
どんな使われ方をするお金なのか?



熊本地震の際に皆さまからお預かりした募金を例に紹介しますと、
中間支援組織のひとつであるうめさろんで募った募金は、活動支援金として届けさせていただきましたかわいい

IMG_1146.JPG
ご協力して下さった皆さま、ありがとうございますexclamation



災害寄付をするとき、だれを支援するのかによって寄付先は変わってくるということなんですねexclamation×2


皆さんの気持ちが込められた大切なお金、有効に活用されますようにぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

posted by ボラセン at 16:24| 日記

2018年07月04日

志免町まちづくり支援室へ行ってきました!

最終週の水曜日は、いきいき情報センターが休館日なので、
うめさろんもお休みですexclamation

うめさろん勤務以外にもそれぞれ忙しいスタッフ・・・

平日にお休みが揃うことはなかなか難しいのですが、
今回は久しぶりに全員の予定が合ったので、
他市町センターの見学に行ってきましたexclamation×2

おじゃましたのは、ジャーングッド(上向き矢印)
志免町まちづくり支援室』ですわーい(嬉しい顔)

IMG_0243.JPG


快く見学を受け入れて下さいましたるんるん
かえるちゃんのイラストが可愛い目


志免町は、だいたい太宰府市の3分の2くらいの人口で、
まちの規模が近いこと、センターの運営がともに“公設民営”で“委託運営”であること、
などから、ぜひ見学に行かせてもらって交流したいと思っていましたひらめき


聞きたいこと、知りたいことがたくさんあって、話題が尽きることなく、
予定の2時間があっという間に過ぎてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)


IMG_0278.JPG


掲示の仕方や、団体さんの支援について、印刷料金、会議スペースの利用の仕方、
スタッフの役割分担や、ミーティングの進め方まで
様々なことについて情報交換をしましたexclamation


IMG_0257.JPG


センターの広さは、うめさろんと同じくらいか、少し狭いくらい。
それでも、すっきりと見やすく整理され、掲示も工夫されていて
うめさろんでも取り入れたいアイデアもありました手(パー)


IMG_0269.JPG


座ったり立ったりしながら、あれこれとお話をさせていただき、
楽しくて有意義なひと時でしたひらめき


IMG_0279.JPG


志免町まちづくり支援室の皆さん、ありがとうございましたexclamation×2


かわいい志免町まちづくり支援室のFacebookで紹介されていましたかわいい ^_^;

志免町まちづくり支援室 Facebook



posted by ボラセン at 17:49| 日記

2018年05月28日

2018年福岡マラソンボランティア「うめさろんチーム」募集!

うめさろんスタッフの中に、福岡マラソンボランティア経験者がいますグッド(上向き矢印)
ブログでも紹介したことがありますので、覚えている方もいるのでは?わーい(嬉しい顔)

今年も5月1日から、公式HPでボランティア募集が始まっていますexclamation
今年は、スタッフ個人としてではなく、うめさろんチーム」として一緒に参加して下さる人を募集して、みんなで楽しみたいと思いますexclamation×2

詳しくは、6/1にHP&Facebookでお知らせしますので、ご覧くださいひらめき


それでは今日は、2017年の福岡マラソンボランティアの様子を少し紹介いたします目手(チョキ)
2016年の様子2015年の様子


福岡マラソンの前日】EXPO会場にてランナー受付のボランティアグッド(上向き矢印)

IMG_7329.JPG


2017年のボランティアジャンパー
IMG_7331.JPG


この時の活動は、「受付済みのランナーさんのエントリーシートを番号順に並べて
整理する」というものでした。〈マラソン中の緊急時対応のため)
IMG_7332.JPG


休憩時間に軽食をいただきましたぴかぴか(新しい)
おなかがすくので、ありがたいですかわいい(2018年はまだ未定のようです)
IMG_7336.JPG

私たちの活動時間は14時半から20時まででしたひらめき
仕事が終わって駆け付ける人や、遠方から来られる方など
最後のランナーさんの受付が終わり、この日の活動は終了です手(チョキ)
IMG_7337.JPG



福岡マラソン当日】
ボランティアバスに乗って現地へ向かいますexclamation
IMG_7478.JPG


この日、私たちに任されたのは給水所でしたexclamation×2
机を並べ、補充用の紙コップと水のペットボトルを近くにセッティングし、
給水用のコップにどんどん水を注いで並べる並べる、ひたすら注いでは並べるあせあせ(飛び散る汗)
スピード勝負ですダッシュ(走り出すさま)

IMG_7373.JPG


簡単そうに見えて、けっこう大変でしたふらふら
ペットボトルのふたを開けるのも力がいるし、2リットルのペットボトルを
持ってコップに注ぐのもだんだんと疲れてきますバッド(下向き矢印)

IMG_7381.JPG

まだ、前半のランナーさんくらいまでは写真を撮る余裕がありましたが、
途中からは写真を撮る余裕はなく、ランナーさんの応援をするのが精一杯たらーっ(汗)

それでも「ありがとうexclamationと言ってもらうと、
疲れも吹っ飛んで「がんばってくださ〜いexclamationと声をかけたりして、
あっという間の活動時間でした時計


後ろを振り向くと、使用済みの紙コップとペットボトルの山・・
IMG_7457.JPG


最終ランナーさんが通過した後は、急いで片づけなくてはいけません。
でも、この場所の担当のボランティアさんたちは(私たちも含めて!)
とても手際が良く、あっという間に道路は何事もなかったかのように元通りでしたわーい(嬉しい顔)
IMG_7474.JPG


夜までボランティアしたり、朝早い集合時間だったり、
たしかに体は疲れるけれど、終わった後はいつも楽しく充実した気分で
帰途につくのですぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


今年はどんなボランティア活動になるのか、マラソン当日の活動場所はどこなのか、
それは全体のボランティア説明会までわかりません。

今年は何をするのかな〜
当日はどのあたりなんだろう〜

そう思いながら、今からとても楽しみでするんるんるんるんるんるん

うめさろんチームの一員として、
一緒にボランティアしてみませんか?

詳細は6月1日以降に、うめさろんHPFacebookでお知らせしますねかわいい


posted by ボラセン at 17:35| 日記