2024年02月22日

九州国立博物館の特別展に行きました!

手(チョキ)2月に九州国立博物館に行ってきました右斜め上
現在の特別展は、江戸時代の絵師「長沢芦雪展

近年、江戸時代の画家が注目されているようで、芦雪は江戸時代中期から後期の画家ですわーい(嬉しい顔)
丹羽国篠山(現在の兵庫県)に生まれ、京都や和歌山県南紀で活躍しました。
芦雪の代表作である襖絵に、動物を可愛らしく描く画風が特徴ですグッド(上向き矢印)
生誕270年だそうで、令和6年2月6日から3月31日まで開催されていますひらめき

@九博ポスター.png 
(九州国立博物館HPより)

街中に貼られているポスターを見て、
「そういえば近くに住んでいるのに特別展を見に行ったことがなかったな…」と。
いい機会なので、見に行ってみることに目手(チョキ)


A九博外観写真.jpg
思わず撮りたくなってしまう九博の外観。

表側から見ると、クジラのようにも見えますよねぴかぴか(新しい)
側面を覆う窓ガラスは、映る山と周りの山の高さが合うように設計し
自然と建物を調和させているとか。
このような裏話は、歩かんね太宰府のツアーで聞くことができますexclamation×2

B九博エントランス.jpg


さっそくチケットを買って特別展へるんるん
中に入ると特別展、平常展のほかにも様々な展示が行われていました。
館内は写真撮影が禁止されているため、感想をお伝えしたいと思います。

C芦雪チケット.jpg

一言で言うと、とにかく迫力が凄かったexclamation×2
襖に龍と虎の絵が描かれた作品があったのですが、龍と虎が今にも飛びだしてきそうな勢いがあり、写真で見るのと実物を見るのでは全く違うのだと実感しましたexclamation
芦雪の人生を歩むような展示をしてあり、解説を読みながら楽しめます。
あまり博物館に行かない私でも、一本の映画を見たような満足感がありました猫


Dおみやげ葉書.jpg

Eガチャガチャ.jpg

お土産コーナーにはポストカードなど定番のものから、ガチャガチャまでありますかわいい
私は今回買いませんでしたが、虎が可愛い揺れるハート

次の特別展は何かと調べてみると、九博のホームページに
「設備の改修等のため、令和6年4月1日から令和6(2024)年12月まで特別展示室を閉室いたします。」との記載がありましたふらふら
こんなことなら、もっと頻繁に行っておけばよかったですあせあせ(飛び散る汗)

しかし、現在の長沢芦雪展も開催期間中の前期と後期で作品が変わるとのこと。
また行こうと思います右斜め上
()

posted by ボラセン at 11:58| 日記

2024年01月29日

梅が開花しています

ここ最近、この冬一番の寒波が日本列島を覆っていますねふらふら
福岡でも強烈な寒さに加え強風が吹き荒れ、吹雪のような雪が舞いました雪
今まで稀にみる暖冬だったので、
暴れん坊の冬将軍の訪れで、冬本来の寒さを思い出しましたあせあせ(飛び散る汗)

そうはいっても、節分を前に小さな春が近づいてきていますぴかぴか(新しい)
チラホラとの蕾がほころび始めているようなので、
太宰府市内のあちこちのを見てみましたグッド(上向き矢印)

隈麿公2.jpg

隈麿公1.jpg

隈麿公のお墓にある六弁のは、青空をバックにすでに満開かわいい
お社はの芳香で包まれ、
地面には白くて丸い花びらが降り積もっていましたぴかぴか(新しい)
春が過ぎると小ぶりの実が付くので、それも楽しみですねるんるん


次は、大佐野の高台にある太宰府メモリアルパーク
太宰府市民遺産にも登録されている、ここからの眺望は抜群exclamation
無料の望遠鏡をのぞくと、
遥か彼方、福岡空港の滑走路を移動する飛行機飛行機がドーンと見えて、オドロキ目

メモリアルパーク1.jpg

メモリアルパーク2.JPG

ここは高台で少し寒いせいか、はまだまだ蕾ー(長音記号1)
寒空の中、わずかに開きかけた八重咲の一輪が健気ですぴかぴか(新しい)


次は、太宰府歴史スポーツ公園に行ってみました

歴スポ1.jpg

歴スポ2.JPG

ここには濃い紅色の紅梅がありましたわーい(嬉しい顔)
ならではの枝ぶりや、レトロなデザインの時計が画になりますね〜
夕刻になり、月が出てくると、また風情がありますやや欠け月


最後に梅林アスレチックスポーツ公園ですひらめき

梅林公園1.jpg

梅林公園0.jpg

6時近くなり、かなり暗くなってしまいました…
ここも高台で寒いのか、まだ開花していませんでしたが、
まるまるとした蕾が枝いっぱいに付いていましたかわいい
公園の名前通りに、芳香漂う「林」になるのが待ち遠しいですねグッド(上向き矢印)


posted by ボラセン at 15:38| 日記

2023年12月08日

ボランティア講座 in筑紫女学園大学

令和5年11月
筑紫女学園大学の先生にお声かけいただいて
大学生に向けてボランティアについて話をしてきましたexclamation

Tさんと2人で大学の敷地内に入ったところ、
すぐに守衛さんに止められました〜
さすが、女子大ならではですね。(もしかしてどこの大学もexclamation&question
許可証をもらって首にかけたら校内に入れます

IMG_8449.jpg
▲教室の廊下から見た太宰府のまち

午前と午後の2回、授業があったのですが、
1回目のクラスは学生さんが80人くらいいて教室がびっしりexclamation
ちょっと圧が・・・(;´Д`)

IMG_8450.jpg
▲現代社会学部の上村教授
 教室の片隅で私達もスタンバイ


ボランティア論」の授業を取っている学生さんに向けて
ボランティアセンターのコーディネーター目線で
太宰府できるボランティア」や
ボランティアの基本」などについてレクチャーペン

IMG_8685-1.jpg

この後、
ボランティア活動をしたことがない学生さんたちに
少しでも参考にしてもらえたら・・と準備したのが
「活動で心がけること」の寸劇6選 ( ´∀` )

この写真のシーンは、
集合場所で、まだ到着していないボランティアさんに
担当者が電話をかけているところ
』です

IMG_8686-1.jpg

左側が、電話をかけている現場のスタッフ役の私で、
右側が、寝坊してしまってまだ家で寝ているボランティア役のTさん

事故に遭っていないだろうか、道に迷っていないだろうか、と
心配して電話をかけているけれど、結局つながらず・・
ボランティアさんは連絡をしないまま欠席に・・
そんなシーンを寸劇で演じてみましたexclamation

このシーンは、
約束は守りましょうね
もし、行けない場合はきちんと連絡しましょうね
という事を伝えたかったのですひらめき

このような寸劇を、6パターン準備して行きました(^^;

学生さんに伝わったかどうかは分からないけれど、
先生からは「もっと長いバージョンも見たかった」と
と褒めて(?)いただきました。

IMG_8453.jpg

午後の授業の合間に学食へ
辛さ注意と書いてある「インドカレー」を食べてみました
私には辛さは普通でした(笑)手(チョキ)

IMG_8452.jpg

授業は100分なのですが、
後半は石垣島の白保地区から来られた
NPO法人夏花の方たちのお話。

サンゴ礁について、またサンゴ礁を保全する活動についてなど
興味深いお話を学生さんと一緒に聞きましたいす

教室に座っていると、様々な人が話に来てくれて、
色んな話が聞けるなんて、大学っていいところだなぁ〜揺れるハート
学生時代に戻りたいな〜なんて思っていました

IMG_8461.jpg

授業が終わった後は、〇〇の森珈琲にて2人で反省会。
頭使ったから糖分を補給わーい(嬉しい顔)(笑)


posted by ボラセン at 14:02| 日記