2018年04月21日

「貸借対照表の公告方法」を決めていないNPO法人のみなさんへ

こんにちはかわいい
今回は、NPO法人のみなさんへのお話ですわーい(嬉しい顔)

NPO法が改正され、
貸借対照表公告しなくてはならなくなりましたexclamation×2
全てのNPO法人さんが対象ですひらめき
施行日は、平成30年10月1日exclamation×2

満月もともと公告というのは、法に基づき、解散や合併について
 広く一般の人に知らせるためのもので、
 定款に必ず入れなくてはならない事項です。

公告の方法については、定款に記載することが義務付けられています。
定款の変更をすることになりますので、
施行日までに総会を開き公告方法を決め、定款を変更した後、
所轄庁へ定款変更届出書を提出しなくてはなりませんexclamation
(貸借対照表の公告に関する定款の変更は、認証不要なので届出のみです)

何だか難しそうな話ですが・・・たらーっ(汗)
ご自分のNPO法人の定款の「公告の方法」の章を確認してみましょう右斜め上

《定款の例》 ※特定非営利活動法人太宰府ボランティアネットワークの定款の場合
 第9章 公告の方法
 (公告の方法)
 第55条 この法人の公告は、この法人の掲示場に掲示するとともに、官報に掲載して行う。

(多くのNPO法人さんが、このように記載されていると思います)

このまま、定款を変更しなかった場合、
毎年、福岡市にある「官報販売所」で掲載料を支払い、官報に掲載するということになります。

貸借対照表は文字数が多いので、7〜8万円ほどかかるそうです。
これを毎年、続けていくのは負担が大きいですよねあせあせ(飛び散る汗)


そこで下記のように、ただし書きの部分を追加しなくてはいけないのですexclamation

ただし、法第28条の2第1項に規定する貸借対照表の公告については、○○に掲載して行う。

では「○○に掲載」とありますが、どこに掲載するのか・・・exclamation&question

方法は4つexclamation
 @官報
 A日刊新聞紙
 B電子公告
 C主たる事務所の公衆の見やすい場所に掲示
この中から選ぶことになりまするんるん
@とAはお金がかかりますので、BかCをオススメしますわーい(嬉しい顔)

Bの電子公告では、自分たちの法人のホームページに掲載する方法や、
内閣府NPO法人ポータルサイトに登録し掲載する方法、などがあります。

3月が年度末の法人の場合、今年度の総会で、
貸借対照表の公告方法」も一緒に決めておくとスムーズですグッド(上向き矢印)

※貸借対照表の公告が義務付けられるかわりに、毎年の資産総額の登記は不要になります。


今回はNPO法人のみなさんへ、とても重要なお知らせでしたわーい(嬉しい顔)

詳しくは、福岡県NPO・ボランティアセンター認証班へお問い合わせくださいぴかぴか(新しい)
【TEL:092-631-4412】
【HP:https://www.nvc.pref.fukuoka.lg.jp/npo_news/detail/2506

posted by ボラセン at 16:01| 日記

2018年03月30日

ボランティア入門講座を開催します!

春ですねかわいいかわいいかわいい
春は、新しく何かを始める季節ですねexclamation

太宰府市NPO・ボランティア支援センター「うめさろん」では、

これからボランティアを始めようと思っている方
まだ、始めるかどうかはわからないけれど、ボランティアに関心がある方
太宰府にはどんな活動があるんだろうと思っている方 を対象に、

ボランティア入門講座を開催しまするんるん

180414 nyuumonkouza.jpg


講座とは言っても、ボランティアって何だろう?という話や
活動している方のお話、
今までにうめさろんで紹介してきたボランティア活動などについて、
などのお話なので、難しいことはありませんexclamation


まずは私たちの話を聞いて、スタートラインに立ってみませんか?

ボランティアを始めるかどうかは、聞いた後で考えればオッケーグッド(上向き矢印)

どうぞ、お気軽にご参加くださいexclamation×2


日時 : 平成30年4月14日(土) 14:00〜16:00
場所 : 太宰府市いきいき情報センター 208号室
参加費: 無料



posted by ボラセン at 18:45| 日記

2018年02月07日

熊本地震のボランティア活動場所を訪ねました

2016年6月、熊本地震の災害ボランティアで
うめさろんスタッフのHとSが訪れたある農園。

あれから1年半以上の時が流れ、スタッフHが再びあの農園を訪ねました車(RV)

ボランティア活動時の記事はこちら

季節は梅雨時で、小雨の中での活動だったことを思い出します小雨

1801.JPG

ボランティアみんなで手分けして、使えなくなってしまった
ビニールハウスの解体をお手伝いしたのでした・・・もうやだ〜(悲しい顔)

1802.JPG

全てのビニールを取り外したハウスの写真がこちら左斜め下

1803.JPG

そして
最近スタッフHが訪れて撮った写真がこちら左斜め下

1804.JPG

同じ場所ですが、骨組みも全てなくなっていたそうですもうやだ〜(悲しい顔)

イチゴ狩り用のビニールハウスでしたが、再開はされていませんでした・・・たらーっ(汗)


活動した日、私たちが雨を避けて軒先で昼食をとった小屋
1805.JPG

こちらはまだありました。
ブルーベリー狩りは再開出来ているのでしょうか・・・

1806.JPG

おそらく、夏にはたくさんの実がなっていることと思いますexclamation



あの地震から約1年10カ月が過ぎ、
被災地の方々の生活は、少しずつ落ち着いてきているようですが、
まだまだ元通りの生活とは言えませんバッド(下向き矢印)


阿蘇ではまだこんな光景が見られます。

1807.JPG

1808.JPG


災害は一瞬の出来事ですが、復興への道のりは遠く長いものです。
でも、そこで一生懸命、笑顔でがんばっている方たちがたくさんいます。

人間ってすごいな〜グッド(上向き矢印)

パワーを送っているつもりが、実は逆にパワーをもらっていることに気づくのでしたexclamation



posted by ボラセン at 17:13| 日記