2017年11月21日

東峰村物産展

先週末、太宰府市では市民文化祭が開催されましたグッド(上向き矢印)

IMG_7426.JPG

文化祭会場のプラム・カルコア太宰府の隣にある
露切公園では、様々なブースが出店されましたが、
そのひとつ「東峰村の物産展」に
うめさろんスタッフの5人がボランティアとして参加してきましたexclamation×2

IMG_7398.JPG

主催は、NPO法人ボランティアネットワーク位置情報
(市からの委託を受けてうめさろんを管理運営しているNPO法人です)

同じテントでは、防宰ボランティアネットワークさんが撮って来られた
北部九州豪雨災害の写真展示も行いました。

IMG_7408.JPG
(展示準備中のHさん)

防宰ボランティアネットワークの会員Hさんが、
東峰村の災害ボランティアに参加した経緯から、
今回は、東峰村の物産を販売して復興支援の力になりたいと、
NPO法人ボランティアネットワークとの共同で企画されました。


18日(土)は、東峰村でみそやしょうゆを作っているカネダイさんの品物。

IMG_7419.JPG

うめさろんスタッフMさんがいつも取り寄せているというお味噌。
3kg入りで重いのにも関わらず、2日間で合計13個も売れましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


IMG_7421.JPG

1日目の一番人気は、写真右側の「あなた好み黒ハート

ネーミングがかわいいですねわーい(嬉しい顔)
びんの中にしょうゆを満たして3〜4日すると、美味しいにんにくしょうゆが
出来上がりますひらめき
この商品は1日目に完売してしまいました〜あせあせ(飛び散る汗)


DSC_0715.JPG

2日目は、東峰村JAの商品も加わり、テントもにぎやかにるんるん

DSC_0717.JPG

東峰村の特産品がたくさん並びましたexclamation

DSC_0716.JPG

2日目の人気商品は、柿チップと干柿ひらめき
とくに干柿は、店頭販売もしていないそうで、お味も美味しいし、
すぐに完売してしまいましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


二日間で、たくさんの市民の方々に東峰村の特産品を購入していただきました。

「災害が起きた後、復旧のお手伝いに行きたかったんだけど、
もう年だからかえってご迷惑になってしまってはいけないと思い、行けなかったのよ。
今日こうして少しでも支援することが出来て良かったわ」

そのように言われて、商品を手に取られる方が何人もおられました。


IMG_7414.JPG

災害時の写真もたくさんの方が見て行かれました。


日にちが経つにつれ、少しづつ記憶は薄れていきますが、
被害を受けた地域の方の生活はまだ元通りとは言えません。


出来ることはわずかでも、復興に向けてこれからも何らかの力になれればと、
うめさろんスタッフ一同は願っています。



IMG_7429.JPG



皆さんからいただいたメッセージと募金は、
防宰ボランティアネットワークHさんが、東峰村役場へお届けして下さいましたかわいい

今回の売り上げはすべて、カネダイさんとJAさんにお渡ししましたかわいい


posted by ボラセン at 16:06| 日記

2017年11月10日

小石原焼(こいしわらやき)

先日、うめさろんスタッフは5人全員で
結婚披露パーティにお呼ばれしましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


結婚されたのは、うめさろんでお世話になっているIさんスペード
新婦のEさんハートは長崎県からお嫁入りされましたるんるん

新婦のEさんからのサプライズのお手紙に、
新郎Iさんは涙をこらえているように見えました・・・(*_*)
純粋にお互いを思い合える2人に、うめさろんスタッフも心が温かくなりました黒ハート


この日の引き出物は、
「九州北部豪雨の被災地になにか支援したい」
という新郎新婦の思いを聞いた幹事の方が、
東峰村の窯元を訪れ、準備されたものだそうです。

IMG_732002.JPG

小石原焼というのは、福岡県朝倉郡東峰村にて焼かれる陶器。
独特のとびかんなの文様が特色。


小石原焼にはたくさんの窯元がありますが、今回の九州北部豪雨災害で
多くの窯元が被害を受けたそうです。

今回の引き出物の、まるた窯元さんの被害の状況はわかりませんが、
東峰村周辺の道路の復旧が遅れていて、訪れる人が減っていると聞きました。



一日も早い窯元の再興と被災地の復興、
そして、新郎新婦の末永い幸せを願いながら、
大切にこの器を使っていきたいと思いますexclamation×2



posted by ボラセン at 17:36| 日記

2017年10月31日

「災害写真展」

九州北部豪雨発生から、約3カ月が過ぎた10月初旬
太宰府市いきいき情報センターギャラリーにて
「災害写真展」が開催されました。

01.JPG

写真の提供・準備等は、うめさろんの「みんなで学ぶ防災講座」でも
お世話になっている「防宰ボランティアネットワーク」さん。

02.JPG



「東日本大震災」
2011年(平成23年)3月11日に発生した大規模な地震災害。

03.JPG

発生時点において、日本周辺における観測史上最大の地震でした。
地震によって巨大な津波が発生し、東北地方を中心に壊滅的な被害を受けました。

04.JPG



「熊本地震」
2016年(平成28年)4月14日に熊本県と大分県で相次いで発生した地震。

05.JPG

九州では初めての震度7を観測した地震。
4月14日(前震)と16日(本震)の震度7に続き、震度6強が2回、
6弱が3回と、地震発生後にさらに大きな地震が続き、被害が増大しました。

06.JPG



「九州北部豪雨災害」
2017年7月5日から6日にかけて福岡県と大分県を中心に発生した集中豪雨。

07.JPG

各地で川が氾濫し、土砂崩れや大量の流木が流れ込む水害
家屋に大きな被害をもたらしました。

08.JPG

被害が大きかった朝倉市・東峰村などは太宰府から近いこともあり、
災害の恐怖を身近に感じられた方も多かったのではないでしょうか。

09.JPG

写真展をご覧になった方の中には、在りし日の町の姿を思い出し、
涙を浮かべていらっしゃる方もおられました。


津波大地震水害・・・

災害は、いつどこで起きるかわかりませんが、
私たちの町・地域は、どんな災害が起きる可能性が高いのか・・?

あらためて考え、備えておくことが必要ですね。



posted by ボラセン at 17:16| 日記